handler.getOwnPropertyDescriptor()

handler.getOwnPropertyDescriptor()Object.getOwnPropertyDescriptor() に対するトラップです。

構文

const p = new Proxy(target, {
  getOwnPropertyDescriptor: function(target, prop) {
  }
});

引数

次の引数は getOwnPropertyDescriptor() メソッドに渡されます。 this はハンドラーにバインドされます。

target
ターゲットオブジェクトです。
prop
ディスクリプタを取得されるプロパティ名です。

返値

getOwnPropertyDescriptor メソッドはオブジェクト、または undefined を返さなければなりません。

解説

handler.getOwnPropertyDescriptor() メソッドは Object.getOwnPropertyDescriptor() に対するトラップです。

介入

このトラップは下記の操作に介入できます。

不変条件

以下の不変条件に違反している場合、プロキシは TypeError を発生します。

  • getOwnPropertyDescriptor() はオブジェクトか、または undefined を返さなければなりません。
  • プロパティがターゲットオブジェクトの設定不可な独自のプロパティとして存在する場合、存在しないとして報告されてはいけません。
  • プロパティがターゲットオブジェクトの独自のプロパティとして存在し、そのターゲットオブジェクトが拡張不可の場合、存在しないとして報告されてはいけません。
  • プロパティがターゲットオブジェクトの独自のプロパティとして存在せず、そのターゲットオブジェクトが拡張不可の場合、存在するとして報告されてはいけません。
  • プロパティがターゲットオブジェクトの独自のプロパティとして存在しないか、ターゲットオブジェクトの設定可能な独自のプロパティとして存在している場合、設定不可であるとして報告されてはいけません。
  • Object.getOwnPropertyDescriptor(target) の結果を Object.defineProperty() に使用した時に、ターゲットオブジェクトに適用でき、例外をスローしません。

getOwnPropertyDescriptor のトラップ

次のコードでは Object.getOwnPropertyDescriptor() をトラップします。

const p = new Proxy({ a: 20}, {
  getOwnPropertyDescriptor: function(target, prop) {
    console.log('called: ' + prop);
    return { configurable: true, enumerable: true, value: 10 };
  }
});

console.log(Object.getOwnPropertyDescriptor(p, 'a').value); // "called: a"
                                                            // 10

次のコードでは不変条件に違反します。

const obj = { a: 10 };
Object.preventExtensions(obj);
const p = new Proxy(obj, {
  getOwnPropertyDescriptor: function(target, prop) {
    return undefined;
  }
});

Object.getOwnPropertyDescriptor(p, 'a'); // TypeError is thrown

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報