handler.preventExtensions()

handler.preventExtensions() はオブジェクトの [[PreventExtensions]] 内部メソッドに対するトラップです。 Object.preventExtensions() のような操作で使用されます。

試してみましょう

構文

new Proxy(target, {
  preventExtensions(target) {
  }
});

引数

次の引数は preventExtensions() メソッドに渡されます。 this はハンドラーにバインドされます。

target

ターゲットオブジェクトです。

返値

preventExtensions() メソッドは論理値を返さなければなりません。

解説

介入

このトラップは下記の操作に介入できます。

他にも、[[PreventExtensions]] 内部メソッドを呼び出すあらゆる操作に介入できます。

不変条件

以下の不変条件に違反している場合、プロキシーは TypeError を発生します。

  • Object.preventExtensions(proxy) は、 Object.isExtensible(proxy)false の場合のみ true を返します。

preventExtensions のトラップ

次のコードでは Object.preventExtensions() をトラップします。

const p = new Proxy(
  {},
  {
    preventExtensions(target) {
      console.log("called");
      Object.preventExtensions(target);
      return true;
    },
  },
);

console.log(Object.preventExtensions(p));
// "called"
// false

以下のコードは不変条件に違反しています。

const p = new Proxy(
  {},
  {
    preventExtensions(target) {
      return true;
    },
  },
);

Object.preventExtensions(p); // TypeError is thrown

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-proxy-object-internal-methods-and-internal-slots-preventextensions

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報