SourceBuffer.appendBufferAsync()

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

SourceBuffer インターフェイスの appendBufferAsync() メソッドは、ArrayBuffer または ArrayBufferView (en-US) オブジェクトから SourceBuffer にメディアセグメントデータを非同期的に追加するプロセスを開始します。 バッファが追加されると満たされる Promise を返します。

構文

appendPromise = sourceBuffer.appendBufferAsync(source);

パラメーター

source
SourceBuffer に追加するメディアセグメントデータを含む BufferSource(つまり、ArrayBufferView (en-US) または ArrayBuffer)。

戻り値

バッファが SourceBuffer に正常に追加されたときに満たされる Promise、または要求を開始できなかった場合は null

この単純化された非同期関数の例 fillSourceBuffer() は、入力パラメーターとして BufferSource の buffer、およびバッファからソースメディアを追加する SourceBuffer を受け取ります。

async function fillSourceBuffer(buffer, msBuffer) {
  try {
    while(true) {
      await msBuffer.appendBufferAsync(buffer);
    }
  } catch(e) {
    handleException(e);
  }
}

仕様

現在、仕様の一部ではありません。 これは、Web Platform Incubator Community Group(WICG)の後援の下で実験されています。

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions 勧告 初期定義、このメソッドは含まれません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報