SourceBuffer.remove()

草案: このページは完成していません。

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

SourceBuffer インターフェイスの remove() メソッドは、特定の時間範囲内のメディアセグメントを SourceBuffer から削除します。 このメソッドは、SourceBuffer.updatingfalse の場合にのみ呼び出すことができます。 SourceBuffer.updatingfalse に等しくない場合、SourceBuffer.abort() を呼び出します。

構文

sourceBuffer.remove(start, end);

パラメーター

start
時間範囲の始まりを秒単位で表す double 型。
end
時間範囲の終わりを秒単位で表す double 型。

戻り値

undefined

例外

例外 説明
InvalidAccessError MediaSource.duration プロパティが NaN に等しいか、start パラメーターが負であるか MediaSource.duration より大きいか、end パラメーターが start 以下または NaN に等しい。
InvalidStateError SourceBuffer.updating プロパティが true に等しいか、この SourceBufferMediaSource から取り除かれています。

未定

仕様

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions
remove() の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報