SourceBuffer.removeAsync()

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

SourceBuffer インターフェイスの removeAsync() メソッドは、特定の時間範囲内で見つかった SourceBuffer のメディアセグメントから非同期的に削除するプロセスを開始します。 指定された時間範囲のバッファが削除されたときに満たされる Promise が返されます。

このメソッドは、updatingfalse の場合にのみ呼び出すことができます。 そうでない場合は、代わりに abort() を呼び出します。

構文

removePromise = sourceBuffer.removeAsync(start, end);

パラメーター

start
時間範囲の始まりを秒単位で表す double 型。
end
時間範囲の終わりを秒単位で表す double 型。

戻り値

指定された時間範囲のバッファが SourceBuffer から削除されると、完了ハンドラが実行される Promise

この例では、指定された SourceBuffer の内容を単純にクリアする非同期関数 emptySourceBuffer() を定義します。

async function emptySourceBuffer(msBuffer) {
  await msBuffer.removeAsync(0, Infinity).catch(function(e) {
    handleException(e);
  }
}

仕様

現在、MSE 仕様の一部ではありません。

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions 勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報