performance.clearMarks()

clearMarks() メソッドは、ブラウザのパフォーマンスエントリバッファから名前付きマークを削除します。
このメソッドが引数なしで呼び出された場合、エントリタイプ が "mark" のパフォーマンスエントリはすべてパフォーマンスエントリバッファから削除されます。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

performance.clearMarks();
performance.clearMarks(name);

引数

name Optional
タイムスタンプの名前を表すDOMString。 この引数を省略すると、 entry type が "mark" であるすべての performance entries が削除されます。

戻り値

void

次の例は、clearMarks() メソッドの両方の使用法を示しています。

// Create a small helper to show how many PerformanceMark entries there are.
function logMarkCount() {
  console.log(
    "Found this many entries: " + performance.getEntriesByType("mark").length
  );
}

// Create a bunch of marks.
performance.mark("squirrel");
performance.mark("squirrel");
performance.mark("monkey");
performance.mark("monkey");
performance.mark("dog");
performance.mark("dog");

logMarkCount() // "Found this many entries: 6"

// Delete just the "squirrel" PerformanceMark entries.
performance.clearMarks('squirrel');
logMarkCount() // "Found this many entries: 4"

// Delete all of the PerformanceMark entries.
performance.clearMarks();
logMarkCount() // "Found this many entries: 0"

仕様

仕様書 ステータス コメント
User Timing Level 2
clearMarks() の定義
草案 clearMarks() を明確にします。
User Timing
clearMarks() の定義
勧告 基本的な定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
clearMarksChrome 完全対応 29
完全対応 29
未対応 25 — 29
接頭辞付き
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 41IE 完全対応 10Opera 完全対応 33Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 29
完全対応 29
未対応 25 — 29
接頭辞付き
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
Firefox Android 完全対応 42Opera Android 完全対応 33Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。