PerformanceEntry.entryType

entryType プロパティは、たとえば "mark" などのパフォーマンスメトリックの種類を表す DOMString を返します。このプロパティは読み取り専用です。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

var type = entry.entryType;

戻り値

戻り値は PerformanceEntry オブジェクトのサブタイプに依存し、次の表に示すように PerformanceEntry.name プロパティの値に影響します。

パフォーマンスエントリタイプの名前

サブタイプ name プロパティのタイプ name プロパティの説明
frame, navigation PerformanceFrameTiming, PerformanceNavigationTiming URL ドキュメントのアドレス
resource PerformanceResourceTiming URL リクエストされたリソースの解決された URL。リクエストがリダイレクトされても、この値は変わりません。
mark PerformanceMark DOMString performance.mark() を呼び出してマークを作成したときに使用された名前
measure PerformanceMeasure DOMString メジャーが performance.measure() を呼び出して作成されたときに使用された名前
paint PerformancePaintTiming DOMString 'first-paint' もしくは 'first-contentful-paint' のいずれか

次の例は、entryType プロパティの使用方法を示しています。

function run_PerformanceEntry() {

  // check for feature support before continuing
  if (performance.mark === undefined) {
    console.log("performance.mark not supported");
    return;
  }

  // Create a performance entry named "begin" via the mark() method
  performance.mark("begin");

  // Check the entryType of all the "begin" entries
  var entriesNamedBegin = performance.getEntriesByName("begin");
	for (var i=0; i < entriesNamedBegin.length; i++) {
      var typeOfEntry = entriesNamedBegin[i].entryType;
      console.log("Entry is type: " + typeOfEntry);
  }

}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Performance Timeline Level 2
entryType の定義
勧告候補  
Performance Timeline
entryType の定義
勧告 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser