performance.setResourceTimingBufferSize()

setResourceTimingBufferSize() メソッドは、ブラウザのリソースタイミングバッファサイズを、指定された数の "resource" performance entry type オブジェクトに設定します。

ブラウザの推奨リソースタイミングバッファサイズは少なくとも 150 performance entry オブジェクトです。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

performance.setResourceTimingBufferSize(maxSize);

引数

maxSize
ブラウザがパフォーマンスエントリバッファに保持する必要がある performance entry オブジェクトの最大数を表す number

戻り値

なし
このメソッドには戻り値はありません。

function setResourceTimingBufferSize(maxSize) {
  if (performance === undefined) {
    log("Browser does not support Web Performance");
    return;
  }
  var supported = typeof performance.setResourceTimingBufferSize == "function";
  if (supported) {
    log("... Performance.setResourceTimingBufferSize() = Yes");
    performance.setResourceTimingBufferSize(maxSize);
  } else {
    log("... Performance.setResourceTimingBufferSize() = NOT supported");
  }
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
setResourceTimingBufferSize() の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
setResourceTimingBufferSizeChrome 完全対応 46
完全対応 46
未対応 22 — 57
接頭辞付き
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 11WebView Android 完全対応 46
完全対応 46
未対応 ? — 57
接頭辞付き
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
Chrome Android 完全対応 46
完全対応 46
未対応 25 — 57
接頭辞付き
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
Firefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,