performance.setResourceTimingBufferSize()

setResourceTimingBufferSize() メソッドは、ブラウザーのリソースタイミングバッファーサイズを、指定された数の "resource" の パフォーマンスエントリー種別のオブジェクトに設定します。

ブラウザーの推奨リソースタイミングバッファサイズは少なくともパフォーマンスエントリーオブジェクト 150 件分です。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

performance.setResourceTimingBufferSize(maxSize);

引数

maxSize

number で、ブラウザーがパフォーマンスエントリーバッファーに保持する必要があるパフォーマンスエントリーオブジェクトの最大数を表します。

返値

なし

このメソッドには返値はありません。

function setResourceTimingBufferSize(maxSize) {
  if (performance === undefined) {
    log("Browser does not support Web Performance");
    return;
  }
  var supported = typeof performance.setResourceTimingBufferSize == "function";
  if (supported) {
    log("... Performance.setResourceTimingBufferSize() = Yes");
    performance.setResourceTimingBufferSize(maxSize);
  } else {
    log("... Performance.setResourceTimingBufferSize() = NOT supported");
  }
}

仕様書

Specification
Resource Timing Level 2
# dom-performance-setresourcetimingbuffersize

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser