performance.mark()

mark() メソッドは、ブラウザーのパフォーマンスエントリーバッファーに、指定された名前でtimestamp を作成します。

アプリケーション定義のタイムスタンプは、Performance インタフェースの getEntries*() メソッド (getEntries()getEntriesByName() またはgetEntriesByType()) のいずれかによって取得できます。

mark() は内部的にデータを PerformanceEntry として格納します。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

performance.mark(name);
performance.mark(measureName, markOptions)

引数

name

DOMString で、マークの名前を表します。このメソッドで指定された name がすでに PerformanceTiming インターフェイスに存在していた場合は、 SyntaxError が発生します。

markOptions 省略可

このマークのためにタイムスタンプと追加のメタデータを指定するためのオブジェクトです。

detail

マークに含める任意のメタデータです。

startTime

マークの時刻として使用する DOMHighResTimeStamp desu.

返値

entry

生成された PerformanceMark エントリーです。

次の例は、mark() を使用して PerformanceMark エントリーを作成および取得する方法を示しています。

// たくさんの mark を作成します。
performance.mark("squirrel");
performance.mark("squirrel");
performance.mark("monkey");
performance.mark("monkey");
performance.mark("dog");
performance.mark("dog");

// PerformanceMark エントリーをすべて取得します。
const allEntries = performance.getEntriesByType("mark");
console.log(allEntries.length);
// 6

// "monkey" PerformanceMark エントリーをすべて入手します。
const monkeyEntries = performance.getEntriesByName("monkey");
console.log(monkeyEntries.length);
// 2

// すべての mark を消去します。
performance.clearMarks();

仕様書

Specification
User Timing
# dom-performance-mark

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser