DOMTokenList.remove()

DOMTokenList インターフェイスの remove() メソッドは、リストから指定されたトークンを削除します。

構文

tokenList.remove(token1[, token2[, ...tokenN]]);

引数

tokenN
リストから削除したいトークンを表す DOMString です。リストに文字列がない場合、エラーはスローされず、何も起こりません。

返値

なし。

以下の例では、 <span> 要素に設定されたクラスのリストを、 Element.classList を使って DOMTokenList として受け取ります。それからリストからトークンを削除し、 <span>Node.textContent の中にリストを書き込みます。

最初に HTML です。

<div id="ab" class="a b c"></div>
<div id="a" class="a b c"></div>

そして JavaScript です。

let span = document.getElementById("ab");
let classes = span.classList;
classes.remove("c");
span.textContent = classes;

複数のクラスを一度に削除するために、複数のトークンを渡すことができます。渡す順序は、リスト中に出現する順序と一致している必要はありません。

let span2 = document.getElementById("a")
let classes2 = span2.classList;

classes2.remove("c", "b");
span2.textContent = classes2;

出力結果は以下のようになります。

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
remove() の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser