DOMTokenList.remove()

DOMTokenList インターフェイスの remove() メソッドは、リストから指定されたトークンを削除します。

構文

tokenList.remove(token1[, token2[, ...]]);

引数

tokenN...
リストから削除したいトークンを表す DOMString です。リストに文字列がない場合、エラーはスローされず、何も起こりません。

返値

なし。

以下の例では、 <span> 要素に設定されたクラスのリストを、 Element.classList を使って DOMTokenList として受け取ります。それからリストからトークンを削除し、 <span>Node.textContent の中にリストを書き込みます。

最初に HTML です。

<span class="a b c"></span>

そして JavaScript です。

var span = document.querySelector("span");
var classes = span.classList;
classes.remove("c");
span.textContent = classes;

出力結果は以下のようになります。

複数のクラスを一度に削除するには、複数のトークンを提供するだけです。提供する順序は、リスト中に出現する順序と一致している必要はありません。

let span = document.getElementsByTagName("span")[0],
  classes = span.classList;

classes.remove("c", "b");
span.textContent = classes;

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
DOM
remove() の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE 完全対応 10Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile ? Firefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,