SVG のツール

SVG の内部の基礎を説明しましたので、ここでは SVG ファイルで作業を行うためのツールをいくつか見ていきましょう。

ブラウザのサポート

IE9 の登場により、ようやくすべての主要なブラウザが SVG をサポートします: Internet Explorer 9、Mozilla Firefox、Safari、Google Chrome、そして Opera です。WebKit ベースのブラウザをもつモバイルデバイス (たいてい iOS や Android) も SVG をサポートします。古いあるいはより小さなデバイスでは、SVG Tiny をサポートしているかもしれません。

Inkscape

URL: www.inkscape.org

グラフィックス形式について最も重要なツールの一つが、適切な描画プログラムです。Inkscape は最先端のベクタ描画機能を提供し、またオープンソースです。

さらに、このソフトは SVG をネイティブフォーマットとしています。Inkscape 固有のデータを保存するときは、カスタムネームスペースによる要素や属性で SVG ファイルを拡張しますが、通常の SVG としてエクスポートすることも選択できます。

Adobe Illustrator

URL: www.adobe.com/products/illustrator/ (日本語サイト)

Adobe は Macromedia を買収するまで、もっとも有名な SVG のプロモーターでした。このときから、Illustrator が SVG を良好にサポートし始めました。しかし、出力された SVG はしばしば癖がみられ、一般に適用するための後処理が必要になります。

Apache Batik

URL: xmlgraphics.apache.org/batik/

Batik は Apache Software Foundation 傘下の、オープンソースツールのセットです。このツールキットは Java で記述され、ほぼ完全な SVG 1.1 のサポートを提供します。また、本来は SVG 1.2 で計画されている機能のいくつかもサポートします。

Batik はビューア (Squiggle) や PNG 出力のラスタライザの他に、SVG ファイルを整形するためのプリティプリンタや TrueType フォントから SVG フォントへのコンバータも提供します。

Batik は Apache FOP と連携して、SVG を PDF に変換することもできます。

他のレンダラー

SVG からラスタイメージを作成するためのプロジェクトがいくつかあります。ImageMagick は、もっとも有名なコマンドライン画像処理ツールのひとつです。Gnome ライブラリの rsvg は、Wikipedia が SVG をラスター化するために用いています。

Raphael JS

URL: raphaeljs.com

これは、ブラウザ実装の抽象レイヤーとして働く JavaScript ライブラリです。特に古いバージョンの Internet Explorer は Vector Markup Language (VML) の生成によりサポートされています。なお VML は 2 つある SVG の前身のひとつであり、IE 5.5 から使用できます。

Google Docs

URL: www.google.com/google-d-s/drawings/

Google Docs の図形描画機能は、SVG でエクスポートすることができます。

科学

よく知られているプロッティングツールである xfig や gnuplot は、SVG でのエクスポートをサポートしています。Web でグラフを描画するための JSXGraph は VML、SVG、および canvas をサポートし、どの技術を用いるかはブラウザの能力に応じて自動的に決定します。

GIS (Geographic Information System) アプリケーションで、SVG は保存および描画の形式としてよく用いられます。詳しくは carto.net をご覧ください。

他のツール

W3C は、SVG をサポートするプログラムの一覧を提供しています。

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, yyss
最終更新者: ethertank,