SharedArrayBuffer() コンストラクター

Spectre の対策として、 SharedArrayBuffer は2018年1月5日にすべての主要ブラウザーで既定で無効化されたことに注意してください。 Chrome は、 Spectre スタイルの脆弱性から保護するためにサイトアイソレーション機能が有効になっているプラットフォームでは、 v67 で再有効化しました

SharedArrayBuffer() コンストラクターSharedArrayBuffer オブジェクトを生成し、これは ArrayBuffer オブジェクトと似た、汎用的な、固定長の生のバイナリデータバッファーを表します。

構文

new SharedArrayBuffer([length])

引数

length
生成する配列バッファーの長さをバイト数で指定します。

返値

指定された長さの新しい SharedArrayBuffer オブジェクトです。中身は 0 で初期化されます。

SharedArrayBuffer を生成するには常に new 演算子を使用する

SharedArrayBuffer コンストラクターは new 演算子で構築する必要があります。 SharedArrayBuffer コンストラクターを new なしで呼び出すと、 TypeError が発生します。

var sab = SharedArrayBuffer(1024);
// TypeError: calling a builtin SharedArrayBuffer constructor
// without new is forbidden
var sab = new SharedArrayBuffer(1024);

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報