PerformanceResourceTiming.workerStart

PerformanceResourceTiming インターフェイスの workerStart 読み取り専用プロパティは、Service Worker スレッドが既に実行されている場合は FetchEvent を送出する直前、または Service Worker スレッドがまだ実行されていない場合は開始される直前に DOMHighResTimeStamp を返します。リソースが Service Worker によってインターセプトされない場合、このプロパティは常に0を返します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

resource.workerStart;

DOMHighResTimeStamp

次の例では、すべての "resource" type イベントの *Start プロパティと *End プロパティの値が記録されます。

function print_PerformanceEntries() {
  // Use getEntriesByType() to just get the "resource" events
  var p = performance.getEntriesByType("resource");
  for (var i=0; i < p.length; i++) {
    print_start_and_end_properties(p[i]);
  }
}
function print_start_and_end_properties(perfEntry) {
  // Print timestamps of the PerformanceEntry *start and *end properties 
  properties = ["connectStart", "connectEnd",
                "domainLookupStart", "domainLookupEnd",
                "fetchStart", 
                "redirectStart", "redirectEnd",
                "requestStart", 
                "responseStart", "responseEnd",
                "secureConnectionStart",
		"workerStart"];

  for (var i=0; i < properties.length; i++) {
    // check each property
    var supported = properties[i] in perfEntry;
    if (supported) {
      var value = perfEntry[properties[i]];
      console.log("... " + properties[i] + " = " + value);
    } else {
      console.log("... " + properties[i] + " = NOT supported");
    }
  }
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
workerStart の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
workerStartChrome 完全対応 43Edge 完全対応 16Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera 完全対応 32Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 43Chrome Android 完全対応 43Firefox Android 完全対応 58Opera Android 完全対応 32Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android 完全対応 4.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応