PerformanceResourceTiming.decodedBodySize

decodedBodySize 読み取り専用プロパティは、適用された content-coding を削除した後、メッセージ本文のフェッチ (HTTP またはキャッシュ) から受信したサイズ (オクテット) を返します。リソースがアプリケーションキャッシュまたはローカルリソースから取得された場合、適用されているコンテンツコーディングを削除した後でペイロードのサイズを返します。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です。

構文

resource.decodedBodySize;

戻り値

適用された content-coding を削除した後に、メッセージ本文のフェッチ (HTTP またはキャッシュ) から受け取ったサイズ (オクテット)。

次の例では、すべての "resource" type イベントのサイズプロパティの値が記録されます。

function log_sizes(perfEntry){
  // Check for support of the *size properties and print their values
  // if supported.
  if ("decodedBodySize" in perfEntry)
    console.log("decodedBodySize = " + perfEntry.decodedBodySize);
  else
    console.log("decodedBodySize = NOT supported");

  if ("encodedBodySize" in perfEntry)
    console.log("encodedBodySize = " + perfEntry.encodedBodySize);
  else
    console.log("encodedBodySize = NOT supported");

  if ("transferSize" in perfEntry)
    console.log("transferSize = " + perfEntry.transferSize);
  else
    console.log("transferSize = NOT supported");
}
function check_PerformanceEntries() {
  // Use getEntriesByType() to just get the "resource" events
  var p = performance.getEntriesByType("resource");
  for (var i=0; i < p.length; i++) {
    log_sizes(p[i]);
  }
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
decodedBodySize の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser