PerformanceResourceTiming.toJSON()

toJSON() メソッドは、PerformanceResourceTiming オブジェクトの JSON 表現を返すシリアライザです。

構文

json = resourcePerfEntry.toJSON();

引数

なし
 

戻り値

json
最も近い継承インタフェースからのエントリと各シリアライザブル属性のエントリを持つマップとしての PerformanceResourceTiming オブジェクトの直列化である JSON オブジェクト。

// Get a resource performance entry
var perfEntries = performance.getEntriesByType("resource");
var entry = perfEntries[0];

// Get the JSON and log it
var json = entry.toJSON();
var s = JSON.stringify(json);
console.log("PerformanceEntry.toJSON = " + s);

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
toJSON の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
toJSONChrome 完全対応 43Edge 完全対応 ≤18Firefox 完全対応 40IE 未対応 なしOpera 完全対応 30Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 43Chrome Android 完全対応 43Firefox Android 完全対応 42Opera Android 完全対応 30Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android 完全対応 4.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応