PerformanceResourceTiming.secureConnectionStart

secureConnectionStart 読み取り専用プロパティは、現在の接続を保護するためにブラウザがハンドシェイクプロセスを開始する直前に timestamp を返します。安全な接続が使用されていない場合、このプロパティはゼロを返します。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です。

構文

resource.secureConnectionStart;

戻り値

セキュリティで保護された接続を介してリソースが取得された場合、現在の接続を保護するためにブラウザがハンドシェイクプロセスを開始する直前に DOMHighResTimeStamp が返されます。安全な接続が使用されていない場合、このプロパティはゼロを返します。

次の例では、すべての "resource" type イベントの *Start プロパティと *End プロパティの値が記録されます。

function print_PerformanceEntries() {
  // Use getEntriesByType() to just get the "resource" events
  var p = performance.getEntriesByType("resource");
  for (var i=0; i < p.length; i++) {
    print_start_and_end_properties(p[i]);
  }
}
function print_start_and_end_properties(perfEntry) {
  // Print timestamps of the PerformanceEntry *start and *end properties
  properties = ["connectStart", "connectEnd",
                "domainLookupStart", "domainLookupEnd",
                "fetchStart",
                "redirectStart", "redirectEnd",
                "requestStart",
                "responseStart", "responseEnd",
                "secureConnectionStart"];

  for (var i=0; i < properties.length; i++) {
    // check each property
    var supported = properties[i] in perfEntry;
    if (supported) {
      var value = perfEntry[properties[i]];
      console.log("... " + properties[i] + " = " + value);
    } else {
      console.log("... " + properties[i] + " = NOT supported");
    }
  }
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
secureConnectionStart の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser