PerformanceResourceTiming.requestStart

requestStart 読み取り専用プロパティは、ブラウザがサーバ、キャッシュ、またはローカルリソースにリソースのリクエストを開始する直前の timestamp を返します。トランスポート接続が失敗してブラウザがリクエストを終了すると、返される値は再試行要求の開始になります。

requestStart には end プロパティはありません。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です。

構文

resource.requestStart;

戻り値

ブラウザがサーバからのリソースのリクエストを開始する直前の時間を表す DOMHighResTimeStamp

次の例では、すべての "resource" type イベントの *Start プロパティと *End プロパティの値が記録されます。

function print_PerformanceEntries() {
  // Use getEntriesByType() to just get the "resource" events
  var p = performance.getEntriesByType("resource");
  for (var i=0; i < p.length; i++) {
    print_start_and_end_properties(p[i]);
  }
}
function print_start_and_end_properties(perfEntry) {
  // Print timestamps of the PerformanceEntry *start and *end properties
  properties = ["connectStart", "connectEnd",
                "domainLookupStart", "domainLookupEnd",
                "fetchStart",
                "redirectStart", "redirectEnd",
                "requestStart",
                "responseStart", "responseEnd",
                "secureConnectionStart"];

  for (var i=0; i < properties.length; i++) {
    // check each property
    var supported = properties[i] in perfEntry;
    if (supported) {
      var value = perfEntry[properties[i]];
      console.log("... " + properties[i] + " = " + value);
    } else {
      console.log("... " + properties[i] + " = NOT supported");
    }
  }
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
requestStart の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser