DOMPointReadOnly.fromPoint()

静的な {domxref("DOMPointReadOnly")}} メソッド fromPoint() は、指定された元の点から新しい DOMPointReadOnly オブジェクトを作成し、それを返します。

また、 new DOMPointReadOnly() コンストラクターを使用しても、新しい DOMPointReadOnly オブジェクトを作成することができます。

構文

fromPoint(sourcePoint)

引数

sourcePoint

新しい点のプロパティの値を取得するための DOMPoint または DOMPointReadOnly インスタンス、あるいは以下のプロパティを含むオブジェクトです。

x

空間上の点の x 座標を表す、無制限の浮動小数点数。これは一般に水平座標であり、正の値は右側に、負の値は左側になります。既定値は 0 です。

y

点の y 座標を表す無制限の浮動小数点数。これは垂直座標であり、座標系に適用される変換を除いて、正の値は下向きに、負の値は画面上方に向かって上向きになります。既定値は 0 です。

z

点の z 座標を与える無制限の浮動小数点数.この座標は、(状況を変えるような変換がないと仮定して)奥行き座標です。正の値はユーザーに近く、負の値は画面の奥に引っ込みます。既定値は 0 です。

w

点の w 視点位置。無制限の浮動小数点数で与えられます。 既定値は 1 です。

返値

新しい(元の点と同じ) DOMPointReadOnly オブジェクト。

二次元の点の作成

このサンプルでは、 xy に使用する値を含むインラインオブジェクトを指定し、二次元点を作成しています。 zw プロパティは既定値(それぞれ 01)のままにしておくことが可能です。

const point2D = DOMPointReadOnly.fromPoint({x: 25, y: 25})

既存の点を使用して三次元の点を作成します。

この例では、 DOMPoint を用いて、 new DOMPoint() 型の点 origPoint を作成しています。そして、その点は fromPoint() の入力として使用され、新しい点 newPoint を作成します。

const origPoint = new DOMPoint(25, 25, 100, 0.5)

const newPoint = DOMPointReadOnly.fromPoint(origPoint)

仕様書

Specification
Geometry Interfaces Module Level 1
# dom-dompointreadonly-frompoint

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser