Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf()

This translation is in progress.

概要

ランタイムのデフォルトローケルに戻る必要なしで数値変換でサポートされる提供されたローケルを含んでいる配列を返します。

構文

Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf(locales[, options])

引数

locales
BCP47言語タグをもった文字列、そのような文字列の配列。locales引数の一般的な形式に対して、Intl pageを確認して下さい。
options

任意。次のプロパティを持つオブジェクト:

localeMatcher
使用するローケルマッチングアルゴリズム。利用可能な値は"lookup""best fit"です。デフォルトは"best fit"です。このオプションについての情報のために、Intl pageを確認して下さい。

説明

localesで提供された言語パックのサブセットをもった配列を返します。返される言語タグでは、ランタイムが使われているローケルマッチングアルゴリズムが考慮して数値変換でローケルをサポートしているので、デフォルトローケルに戻る必要はありません。

例: supportedLocalesOfを使う

数値フォーマットで、バリ語ではなく、インドネシア語とドイツ語をサポートしているランタイムを仮定すると、supportedLocalesOf はインドネシア語とドイツ語の言語タグを返します。pinyin は数値フォーマットには適切ではなくインドネシア語では使われていません。インドネシアの特定のドイツ語はサポートされそうにもありません。"lookup"アルゴリズムの指定に注意して下さい。"best fit" はインドネシア語はバリ語に対して、十分にふさわしいと決定するかもしれません。というのも、 ほとんどのバリの人はインドネシア語も理解するからです。それゆえバリ言語タグも同様に返します。

var locales = ['ban', 'id-u-co-pinyin', 'de-ID'];
var options = { localeMatcher: 'lookup' };
console.log(Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf(locales, options).join(', '));
// → "id-u-co-pinyin, de-ID"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript Internationalization API 1.0 (ECMA-402)
Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
supportedLocalesOfChrome 完全対応 24Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 29IE 完全対応 11Opera 完全対応 15Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 ≤37Chrome Android 完全対応 26Firefox Android 完全対応 56Opera Android 完全対応 14Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 1.5nodejs ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報