Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf()

概要

ランタイムのデフォルトローケルに戻る必要なしで数値変換でサポートされる提供されたローケルを含んでいる配列を返します。

構文

Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf(locales[, options])

引数

locales
BCP47言語タグをもった文字列、そのような文字列の配列。locales引数の一般的な形式に対して、Intl pageを確認して下さい。
options

任意。次のプロパティを持つオブジェクト:

localeMatcher
使用するローケルマッチングアルゴリズム。利用可能な値は"lookup""best fit"です。デフォルトは"best fit"です。このオプションについての情報のために、Intl pageを確認して下さい。

説明

localesで提供された言語パックのサブセットをもった配列を返します。返される言語タグでは、ランタイムが使われているローケルマッチングアルゴリズムが考慮して数値変換でローケルをサポートしているので、デフォルトローケルに戻る必要はありません。

例: supportedLocalesOfを使う

数値フォーマットで、バリ語ではなく、インドネシア語とドイツ語をサポートしているランタイムを仮定すると、supportedLocalesOf はインドネシア語とドイツ語の言語タグを返します。pinyin は数値フォーマットには適切ではなくインドネシア語では使われていません。インドネシアの特定のドイツ語はサポートされそうにもありません。"lookup"アルゴリズムの指定に注意して下さい。"best fit" はインドネシア語はバリ語に対して、十分にふさわしいと決定するかもしれません。というのも、 ほとんどのバリの人はインドネシア語も理解するからです。それゆえバリ言語タグも同様に返します。

var locales = ['ban', 'id-u-co-pinyin', 'de-ID'];
var options = { localeMatcher: 'lookup' };
console.log(Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf(locales, options).join(', '));
// → "id-u-co-pinyin, de-ID"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript Internationalization API 1.0 (ECMA-402)
Intl.NumberFormat.supportedLocalesOf の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
supportedLocalesOfChrome 完全対応 24Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 29IE 完全対応 11Opera 完全対応 15Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 4.4Chrome Android 完全対応 25Firefox Android 完全対応 56Opera Android 完全対応 14Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 1.5nodejs 完全対応 13.0.0
完全対応 13.0.0
部分対応 0.12
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. To make full ICU (locale) data available for versions prior to 13, see Node.js documentation on the --with-intl option and how to provide the data.

凡例

完全対応  
完全対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報