Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

Error.prototype.toSource()

この記事は編集レビューを必要としています。ぜひご協力ください

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

非標準
This feature is non-standard and is not on a standards track. Do not use it on production sites facing the Web: it will not work for every user. There may also be large incompatibilities between implementations and the behavior may change in the future.

概要

同じエラーにevelされたコードを返します。

構文

e.toSource()

説明

ErrorインスタンスのtoSource メソッドをコールすると、(NativeErrorsを含む) エラーのソースコードを含む文字列を返します。この文字列は (ほぼ)同じオブジェクトを生成するために評価されます。自然に、Errorコンストラクタの構造のあとにソースを含む文字列が続きます。例えば:

(newname(message ,fileName,lineNumber))

エラーインスタンスの各自のプロパティに一致するこれらの属性

注意: 文字列の生成でtoSourceメソッドによって使われるプロパティは変更可能で、実際にエラーが起こった場所のエラーインスタンス、ファイル名、行番号を生成するために使われる関数を正確に反映していないかもしれないことに注意して下さい。

仕様

すべての仕様で実装されておりません。JavaScript 1.3で実装されております。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? (有) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? (有) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: shide55
 最終更新者: shide55,