Error.prototype.toSource()

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

toSource() メソッドは、同じエラーを評価できるコードを返します。

構文

e.toSource()

返値

エラーのソースコードを含む文字列。

解説

Using toSource

Error インスタンス (NativeErrors を含む) の toSource メソッドを呼び出すと、エラーのソースコードを含む文字列を返します。この文字列を評価して (ほぼ) 等しいオブジェクトを生成できます。通常、この文字列には、Error コンストラクターの構造に続けて下記のようにソースが含まれます。

(newname(message ,fileName,lineNumber))

これらの属性は、それぞれのエラーインスタンスの各属性に相当します。

注: この文字列の生成で toSource メソッドにより使用されるプロパティは変更可能であり、エラーインスタンスの生成に使用された関数、または実際にエラーが起こった場所のファイル名、行番号を正確に反映しない可能性があることに注意してください。

仕様書

仕様の一部ではありません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報