Error.prototype プロパティは、Error コンストラクターの prototype を表します。

Error.prototype のプロパティ属性
書込可能 不可
列挙可能 不可
設定可能 不可

説明

すべての Error インスタンスと non-generic errors のインスタンスは Error.prototype から継承します。すべてのコンストラクター関数と同様に、このコンストラクターの prototype を使用して、プロパティやメソッドをこのコンストラクターで生成されたすべてのインスタンスに追加できます。

プロパティ

標準プロパティ

Error.prototype.constructor
インスタンスのプロトタイプを生成した関数を指定します。
Error.prototype.message
エラーメッセージ。
Error.prototype.name
エラーの名称。

ベンダー独自の拡張

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Microsoft

Error.prototype.description
エラーの説明。message と類似。
Error.prototype.number
エラー番号。

Mozilla

Error.prototype.fileName
このエラーを起こしたファイルへのパス。
Error.prototype.lineNumber
このエラーを起こしたファイル内の行番号。
Error.prototype.columnNumber
このエラーを起こした行内の列番号。
Error.prototype.stack
スタックトレース。

メソッド

Error.prototype.toSource()
指定した Error オブジェクトのソースを含む文字列を返します。この値を新しいオブジェクトの生成に利用できます。Object.prototype.toSource() メソッドを上書きします。
Error.prototype.toString()
指定したオブジェクトを表す文字列を返します。Object.prototype.toString() メソッドを上書きします。

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.1 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Error の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Error の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Error の定義
ドラフト  

ブラウザーの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
prototypeChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 6Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, segayuu, Marsf, teoli, ethertank, Potappo, Hfjapancom
最終更新者: mdnwebdocs-bot,