NamedNodeMap.getNamedItemNS()

getNamedItemNS()NamedNodeMap インターフェイスのメソッドで、指定された名前空間の指定されたローカル名に対応する Attr を返します。対応する属性がない場合は null を返します。

構文

getNamedItemNS(namespace, localName);

引数

namespace

文字列で、希望する属性の名前空間 URI です。

Warning: namespace は名前空間の URI であり、接頭辞ではありません。

localName

文字列で、希望する属性のローカル名です。

返値

引数で与えられた名前空間とローカル名に対応する Attr です。見つからない場合は null です。

const parser = new DOMParser();
const xmlString = '<warning ob:one="test" xmlns:ob="http://www.example.com/ob">Beware!</warning>';
const doc = parser.parseFromString(xmlString, "application/xml");

const pre = document.getElementsByTagName("pre")[0];
const warning = doc.getElementsByTagName("warning")[0];

const attrMap = warning.attributes;

pre.textContent = `The 'ob:one' attribute contains: ${attrMap.getNamedItemNS("http://www.example.com/ob", "one").value}.`;

仕様書

Specification
DOM Standard
# dom-namednodemap-getnameditemns

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser