MediaSource.MediaSource()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

MediaSource インターフェイスの MediaSource() コンストラクタは、ソースバッファが関連付けられていない新しい MediaSource オブジェクトを構築して返します。

構文

var mediaSource = new MediaSource();

パラメーター

なし。

次のスニペットは、Nick Desaulniers によって書かれた簡単な例から抜粋したものです(ライブで完全なデモを見るか、ソースをダウンロードしてさらに調査してください)。

var video = document.querySelector('video');

var assetURL = 'frag_bunny.mp4';
// Blink はコーデックに関して特定する必要がある
// ./mp4info frag_bunny.mp4 | grep Codec
var mimeCodec = 'video/mp4; codecs="avc1.42E01E, mp4a.40.2"';

if ('MediaSource' in window && MediaSource.isTypeSupported(mimeCodec)) {
  var mediaSource = new MediaSource;
  //console.log(mediaSource.readyState); // closed
  video.src = URL.createObjectURL(mediaSource);
  mediaSource.addEventListener('sourceopen', sourceOpen);
} else {
  console.error('サポートされていない MIME タイプまたはコーデック: ', mimeCodec);
}

...

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報