MediaSource.activeSourceBuffers

MediaSource インターフェイスの activeSourceBuffers 読み取り専用プロパティは、sourceBuffers に含まれる SourceBuffer オブジェクトのサブセットを含む SourceBufferList オブジェクトを返します。 これは、選択した動画トラック、有効な音声トラック、および表示/非表示のテキストトラックを提供するオブジェクトのリストです。

構文

var myActiveSourceBuffers = mediaSource.activeSourceBuffers;

アクティブな各トラックの SourceBuffer オブジェクトを含む SourceBufferList

次のスニペットは、Nick Desaulniers によって書かれた簡単な例に基づいています(ライブで完全なデモを見るか、ソースをダウンロードしてさらに調査してください)。

function sourceOpen (_) {
  //console.log(this.readyState); // open
  var mediaSource = this;
  var sourceBuffer = mediaSource.addSourceBuffer(mimeCodec);
  fetchAB(assetURL, function (buf) {
    sourceBuffer.addEventListener('updateend', function (_) {
      mediaSource.endOfStream();
      console.log(mediaSource.activeSourceBuffers);
      // 動画プレーヤーでの再生用に選択されているため、
      // 上記で追加されたソースバッファーが含まれます。
      video.play();
      //console.log(mediaSource.readyState); // ended
    });
    sourceBuffer.appendBuffer(buf);
  });
};

...

仕様

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions
activeSourceBuffers の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
activeSourceBuffers
実験的
Chrome 完全対応 23Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 42
完全対応 42
未対応 25 — 42
補足 無効
補足 Limited support to an allowed list of sites, for example YouTube, Netflix, and other popular streaming sites. The limitation was removed when Media Source Extensions was enabled by default in Firefox 42.
無効 From version 25 until version 42 (exclusive): this feature is behind the media.mediasource.enabled preference. To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 完全対応 11
補足
完全対応 11
補足
補足 Only works on Windows 8+.
Opera 完全対応 15Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 4.4.3Chrome Android 完全対応 25Firefox Android 完全対応 41Opera Android 完全対応 14Safari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 1.5

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報