MediaSource.activeSourceBuffers

MediaSource インターフェイスの activeSourceBuffers 読み取り専用プロパティは、sourceBuffers に含まれる SourceBuffer オブジェクトのサブセットを含む SourceBufferList オブジェクトを返します。 これは、選択した動画トラック、有効な音声トラック、および表示/非表示のテキストトラックを提供するオブジェクトのリストです。

構文

var myActiveSourceBuffers = mediaSource.activeSourceBuffers;

アクティブな各トラックの SourceBuffer オブジェクトを含む SourceBufferList

次のスニペットは、Nick Desaulniers によって書かれた簡単な例に基づいています(ライブで完全なデモを見るか、ソースをダウンロードしてさらに調査してください)。

function sourceOpen (_) {
  //console.log(this.readyState); // open
  var mediaSource = this;
  var sourceBuffer = mediaSource.addSourceBuffer(mimeCodec);
  fetchAB(assetURL, function (buf) {
    sourceBuffer.addEventListener('updateend', function (_) {
      mediaSource.endOfStream();
      console.log(mediaSource.activeSourceBuffers);
      // 動画プレーヤーでの再生用に選択されているため、
      // 上記で追加されたソースバッファーが含まれます。
      video.play();
      //console.log(mediaSource.readyState); // ended
    });
    sourceBuffer.appendBuffer(buf);
  });
};

...

仕様

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions
activeSourceBuffers の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報