MediaSource.readyState

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

MediaSource インターフェイスの readyState 読み取り専用プロパティは、現在の MediaSource の状態を表す列挙を返します。 3つの可能な値は次のとおりです。

  • closed: ソースは現在メディア要素にアタッチされていません。
  • open: ソースはメディア要素にアタッチされ、SourceBuffer オブジェクトを受信する準備ができています。
  • ended: ソースはメディア要素にアタッチされていますが、MediaSource.endOfStream() の呼び出しを介してストリームが終了しています。

構文

var myReadyState = mediaSource.readyState;

DOMString

次のスニペットは、Nick Desaulniers によって書かれた簡単な例からのものです(ライブで完全なデモを見るか、ソースをダウンロードしてさらに調査してください)。

if ('MediaSource' in window && MediaSource.isTypeSupported(mimeCodec)) {
  var mediaSource = new MediaSource;
  //console.log(mediaSource.readyState); // closed
  video.src = URL.createObjectURL(mediaSource);
  mediaSource.addEventListener('sourceopen', sourceOpen);
} else {
  console.error('サポートされていない MIME タイプまたはコーデック: ', mimeCodec);
}

function sourceOpen (_) {
  //console.log(this.readyState); // open
  var mediaSource = this;
  var sourceBuffer = mediaSource.addSourceBuffer(mimeCodec);
  fetchAB(assetURL, function (buf) {
    sourceBuffer.addEventListener('updateend', function (_) {
      mediaSource.endOfStream();
      video.play();
      //console.log(mediaSource.readyState); // ended
    });
    sourceBuffer.appendBuffer(buf);
  });
};

仕様

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions
readyState の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報