MediaSource.endOfStream()

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

MediaSource インターフェイスの endOfStream() メソッドは、ストリームの終わりを通知します。

構文

mediaSource.endOfStream(endOfStreamError);

パラメーター

endOfStreamError 省略可
ストリームの終わりに達したときにスローするエラーを表す DOMString。 可能な値は次のとおりです。
  • network: 再生を終了し、ネットワークエラーが発生したことを通知します。 これを使用して、メディアストリームに関連するカスタムエラーハンドラを作成できます。 例えば、他のネットワーク要求とは別に、メディアチャンク要求を処理する関数があるとします。 メディアチャンクに対して XMLHttpRequest 呼び出しを行い、onabort または onerror がトリガーされた場合、endOfStream('network') を呼び出し、UI に説明的なメッセージを表示し、ネットワーク要求をすぐに再試行するか、ネットワークが(何らかのポーリングを介して)復旧するまで待機できます。
  • decode: 再生を終了し、デコードエラーが発生したことを通知します。 これは、メディアデータの取得中に解析エラーが発生したことを示すために使用できます。 データが破損しているか、ブラウザーがデコード方法を知らないコーデックを使用してエンコードされている可能性があります。

戻り値

undefined

例外

例外 説明
InvalidStateError MediaSource.readyStateopen と等しくないか、MediaSource.sourceBuffersSourceBuffer オブジェクトの1つ以上が更新されています(つまり、SourceBuffer.updating プロパティが true です)

次のスニペットは、Nick Desaulniers によって書かれた簡単な例からのものです(ライブで完全なデモを見るか、ソースをダウンロードしてさらに調査してください)。

var assetURL = 'frag_bunny.mp4';
// Blink はコーデックに関して特定する必要がある
// ./mp4info frag_bunny.mp4 | grep Codec
var mimeCodec = 'video/mp4; codecs="avc1.42E01E, mp4a.40.2"';

if ('MediaSource' in window && MediaSource.isTypeSupported(mimeCodec)) {
  var mediaSource = new MediaSource;
  //console.log(mediaSource.readyState); // closed
  video.src = URL.createObjectURL(mediaSource);
  mediaSource.addEventListener('sourceopen', sourceOpen);
} else {
  console.error('サポートされていない MIME タイプまたはコーデック: ', mimeCodec);
}

function sourceOpen (_) {
  //console.log(this.readyState); // open
  var mediaSource = this;
  var sourceBuffer = mediaSource.addSourceBuffer(mimeCodec);
  fetchAB(assetURL, function (buf) {
    sourceBuffer.addEventListener('updateend', function (_) {
      mediaSource.endOfStream();
      video.play();
      //console.log(mediaSource.readyState); // ended
    });
    sourceBuffer.appendBuffer(buf);
  });
};

仕様

仕様 状態 コメント
Media Source Extensions
endOfStream() の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報