Reflect.set()

静的な Reflect.set() メソッドは、オブジェクトにプロパティを設定するかのように動作します。

構文

Reflect.set(target, propertyKey, value[, receiver])

引数

target
プロパティを設定する対象のオブジェクト。
propertyKey
設定するプロパティ名。
value
設定する値。
receiver 省略可
セッターによって target が呼び出されたときの this 値を提供する。

返値

プロパティが成功裏に設定できたかどうかを示す Boolean 値。

例外

TypeError: targetObject ではなかった場合。

解説

Reflect.set メソッドは、オブジェクトにプロパティを設定します。これはプロパティの割り当てを行い、機能としては プロパティアクセサー 構文のようなものです。

Reflect.set() の使用

// オブジェクト
let obj = {}
Reflect.set(obj, 'prop', 'value')  // true
obj.prop  // "value"

// 配列
let arr = ['duck', 'duck', 'duck']
Reflect.set(arr, 2, 'goose')  // true
arr[2]  // "goose"

// 配列を切り詰められる。
Reflect.set(arr, 'length', 1)  // true
arr  // ["duck"]

// 引数が1つだけだと、プロパティキーと値は "undefined" になる。
let obj = {}
Reflect.set(obj)  // true
Reflect.getOwnPropertyDescriptor(obj, 'undefined')
// { value: undefined, writable: true, enumerable: true, configurable: true }

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報