EvalError() コンストラクター

EvalError コンストラクターは、グローバルの eval() 関数に関する新しいエラーを生成します。この例外はもう JavaScript からは使用されていませんが、 EvalError オブジェクトは互換性のために残っています。object

構文

new EvalError([message[, fileName[, lineNumber]]])

引数

message 省略可
人間が読むためのエラーの説明です。
fileName 省略可
例外が発生したコードを含むファイルの名前です。
lineNumber 省略可
例外が発生したコードの行番号です。

EvalError は現在の ECMAScript 仕様書では使用されておらず、ランタイムから発生することもありません。しかし、このオブジェクト自身は仕様書の以前のバージョンとの後方互換性のために残っています。

EvalError の生成

try {
  throw new EvalError('Hello', 'someFile.js', 10);
} catch (e) {
  console.log(e instanceof EvalError); // true
  console.log(e.message);              // "Hello"
  console.log(e.name);                 // "EvalError"
  console.log(e.fileName);             // "someFile.js"
  console.log(e.lineNumber);           // 10
  console.log(e.columnNumber);         // 0
  console.log(e.stack);                // "@Scratchpad/2:2:9\n"
}

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報