SpeechRecognition: result イベント

resultウェブ音声 API のイベントで、音声認識サービスが結果を返したとき、つまり単語やフレーズが正の値で認識され、それがアプリに伝達されたときに発行されます。

構文

このイベント名を addEventListener() などのメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

addEventListener('result', (event) => { })

onresult = (event) => { }

イベント型

イベントプロパティ

以下に列挙したプロパティに加えて、親インターフェイスである Event から継承したプロパティも利用できます。

SpeechRecognitionEvent.emma 読取専用

結果の EMMA (Extensible MultiModal Annotation markup language) - XML - 表現を返します。

SpeechRecognitionEvent.interpretation 読取専用

ユーザーが言ったことの意味づけを返します。

SpeechRecognitionEvent.resultIndex 読取専用

実際に変更された SpeechRecognitionResultList (en-US) 「配列」の中で最もインデックス値の小さい結果を返します。

SpeechRecognitionEvent.results 読取専用

現在のセッションのすべての音声認識結果を表す SpeechRecognitionResultList (en-US) オブジェクトを返します。

下記のソースコードは Speech color changer の例を参考しています

result イベントは、 addEventListener メソッドで使用することができます。

const recognition = new SpeechRecognition();

recognition.addEventListener('result', (event) => {
  const color = event.results[0][0].transcript;
  diagnostic.textContent = `結果を受信しました: ${color}.`;
  bg.style.backgroundColor = color;
});

または onresult イベントハンドラープロパティを使用してください。

recognition.onresult = (event) => {
  const color = event.results[0][0].transcript;
  diagnostic.textContent = `結果を受信しました: ${color}.`;
  bg.style.backgroundColor = color;
}

仕様書

Specification
Web Speech API
# eventdef-speechrecognition-result
Web Speech API
# dom-speechrecognition-onresult

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報