安全なコンテキストに制限された機能

このリファレンスは、安全なコンテクストでのみ使用できるウェブプラットフォーム機能のリストです — 定義や詳細については、安全なコンテキスト を見てください。

安全なコンテキストでのみ使用できる現在の機能

このセクションは、安全なコンテキストで利用可能なすべての API と、制限が導入されたブラウザーのバージョンを適切にリストします。

ノート: 実際に安全なコンテキストをサポートしているブラウザーのみ表示しています。安全なコンテキストのサポートの詳細は ブラウザー実装状況 を見てください。

API Chrome/Opera Safari Firefox
Geolocation 47 / (有) (有) 55
Payment Request API (と Basic Card Payment). (有) 未サポート 現在はサポートしていない。dom.payments.request.enabled 設定で開発中。
Service workers (有) (有) (有)
Storage API (有) 未サポート (有)
Web Bluetooth (有) 未サポート 未サポート
Web MIDI (たとえば、MIDIAccess を見てください) (有) 未サポート 未サポート

ブラウザーによって異なる安全なコンテクスト制限

仕様では求められていないが、いくつかのブラウザーが安全ではないコンテキストで API の使用制限をかけることを決めた機能があります。このセクションはブラウザーによって違いがあるものをリストしています。

API Chrome Safari Firefox
getUserMedia() Chrome 47 以降、安全ではないコンテキストで使用できない   一時的なアクセスのみ可能 (ユーザーは許可ダイアログで "この設定を記憶する" を選べない)。
Encrypted Media Extensions 廃止予定の警告   計画中
Device motion / orientation 廃止予定の警告    
Web Crypto API HTTPS に制限されていますが、安全なコンテキストのチェック前にあります。   計画中

ノート: Safari と Chrome は、すべての secure contexts specification をサポートしているわけではないので、HTTP ページ内の HTTPS iframes や安全ではないページで 'opener context' を使用して、API が動作するかもしれません (これは HTTP ページが Window.open()target 属性の値に _blank を用いているときに発生します)。

安全なコンテクストでのみ使用可能になる予定の機能

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,