r

r 属性は円の半径を定義します。

二つの要素、すなわち、<circle><radialGradient> が、この属性を使っています。

<svg viewBox="0 0 300 200" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <radialGradient r="0" id="myGradient000">
    <stop offset="0"    stop-color="white" />
    <stop offset="100%" stop-color="black" />
  </radialGradient>
  <radialGradient r="50%" id="myGradient050">
    <stop offset="0"    stop-color="white" />
    <stop offset="100%" stop-color="black" />
  </radialGradient>
  <radialGradient r="100%" id="myGradient100">
    <stop offset="0"    stop-color="white" />
    <stop offset="100%" stop-color="black" />
  </radialGradient>

  <circle cx="50"  cy="50" r="0"/>
  <circle cx="150" cy="50" r="25"/>
  <circle cx="250" cy="50" r="50"/>

  <rect x="20"  y="120" width="60" height="60" fill="url(#myGradient000)" />
  <rect x="120" y="120" width="60" height="60" fill="url(#myGradient050)" />
  <rect x="220" y="120" width="60" height="60" fill="url(#myGradient100)" />
</svg>

circle

<circle> に関しては、r は、円の半径を定めており、したがって、その円の大きさを定めています。ゼロ以下の値を用いると、その円はまったく描画されません。

<length> | <percentage>
デフォルト値 0
アニメーション可能か Yes

注: SVG2 からは、r幾何属性 (Geometry Property) です。これが意味することは、r 属性を circle の CSS 属性としても使える、ということです。

radialGradient

<radialGradient> に関しては、r は、放射状グラデーションの末端の円の半径を定めています。

グラデーションの 100% にあたるピン留め箇所 (stop) が、この末端の円の外周にマッピングされるように、グラデーションが描画されます。ゼロ以下の値を用いると、グラデーションの最後の <stop> の色と不透明度を使った単一の色で、当該領域を塗りつぶすことになります。

<length> | <percentage>
デフォルト値 50%
アニメーション可能か Yes

仕様

仕様 状態 備考
Scalable Vector Graphics (SVG) 2
r の定義
勧告候補 Definition as a geometry property
Scalable Vector Graphics (SVG) 2
r の定義
勧告候補 Definition for SVG2 paint servers <radialGradient>
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
r の定義
勧告 Initial definition for <radialGradient>
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
r の定義
勧告 Initial definition for <circle>