transform

transform 属性は、要素とその要素の子に適用される変換定義のリストを定義します。

<svg viewBox="-40 0 150 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
  <g fill="grey"
     transform="rotate(-10 50 100)
                translate(-36 45.5)
                skewX(40)
                scale(1 0.5)">
    <path id="heart" d="M 10,30 A 20,20 0,0,1 50,30 A 20,20 0,0,1 90,30 Q 90,60 50,90 Q 10,60 10,30 z" />
  </g>
 
  <use xlink:href="#heart" fill="none" stroke="red"/>
</svg>

Note: SVG2 では、 transform はプレゼンテーション属性であり、 CSS プロパティとして使用することができます。ただし、 CSS プロパティとこの属性との間には構文の違いがあるので注意が必要です。その場合に使用する具体的な構文については、 CSS プロパティの transform のドキュメントを参照してください。

プレゼンテーション属性ですので、 transform はあらゆる要素で使用することができます (SVG 1.1 では、 <a>, <circle>, <clipPath>, <defs>, <ellipse>, <foreignObject>, <g>, <image>, <line>, <path>, <polygon>, <polyline>, <rect>, <switch>, <text>, <use> の16要素でのみ使用することができました。)。

また、 SVG 1.1 からの遺物として、 <linearGradient><radialGradient>gradientTransform 属性に対応しており、 <pattern>patternTransform 属性に対応しており、どちらも transform 属性と全く同じように動作します。

<transform-list>
既定値 none
アニメーション

変換関数

以下の変換関数は、 transform 属性の <transform-list> で使用することができます。

警告: 仕様書によれば、 CSS の変換関数も使用することができます。しかし、互換性は保証されていません。

Matrix

matrix(<a> <b> <c> <d> <e> <f>) 変換関数は、6つの値の変換行列の形式で変形を指定します。 matrix(a,b,c,d,e,f) は次の変換行列を適用することと等価です。 (acebdf001)\begin{pmatrix} a & c & e \\ b & d & f \\ 0 & 0 & 1 \end{pmatrix} これは、前の座標系から新しい座標系への座標の写像を次の行列の等式によって行うものです。(xnewCoordSysynewCoordSys1)=(acebdf001)(xprevCoordSysyprevCoordSys1)=(axprevCoordSys+cyprevCoordSys+ebxprevCoordSys+dyprevCoordSys+f1) \begin{pmatrix} x_{\mathrm{newCoordSys}} \\ y_{\mathrm{newCoordSys}} \\ 1 \end{pmatrix} = \begin{pmatrix} a & c & e \\ b & d & f \\ 0 & 0 & 1 \end{pmatrix} \begin{pmatrix} x_{\mathrm{prevCoordSys}} \\ y_{\mathrm{prevCoordSys}} \\ 1 \end{pmatrix} = \begin{pmatrix} a x_{\mathrm{prevCoordSys}} + c y_{\mathrm{prevCoordSys}} + e \\ b x_{\mathrm{prevCoordSys}} + d y_{\mathrm{prevCoordSys}} + f \\ 1 \end{pmatrix}

<svg viewBox="0 0 200 200" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect x="10" y="10" width="30" height="20" fill="green" />
 
  <!--
  In the following example we are applying the matrix:
  [a c e]    [3 -1 30]
  [b d f] => [1  3 40]
  [0 0 1]    [0  0  1]

  which transform the rectangle as such:

  top left corner: oldX=10 oldY=10
  newX = a * oldX + c * oldY + e = 3 * 10 - 1 * 10 + 30 = 50
  newY = b * oldX + d * oldY + f = 1 * 10 + 3 * 10 + 40 = 80

  top right corner: oldX=40 oldY=10
  newX = a * oldX + c * oldY + e = 3 * 40 - 1 * 10 + 30 = 140
  newY = b * oldX + d * oldY + f = 1 * 40 + 3 * 10 + 40 = 110

  bottom left corner: oldX=10 oldY=30
  newX = a * oldX + c * oldY + e = 3 * 10 - 1 * 30 + 30 = 30
  newY = b * oldX + d * oldY + f = 1 * 10 + 3 * 30 + 40 = 140

  bottom right corner: oldX=40 oldY=30
  newX = a * oldX + c * oldY + e = 3 * 40 - 1 * 30 + 30 = 120
  newY = b * oldX + d * oldY + f = 1 * 40 + 3 * 30 + 40 = 170
  -->
  <rect x="10" y="10" width="30" height="20" fill="red"
        transform="matrix(3 1 -1 3 30 40)" />
</svg>

Translate

translate(<x> [<y>]) 変換関数は、オブジェクトを xy によって移動します。 y が提供されなかった場合は、 0 と見なします。

言い換えれば、次の通りです。

    xnew = xold + <x>
    ynew = yold + <y>

<svg viewBox="0 0 100 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <!-- No translation -->
  <rect x="5" y="5" width="40" height="40" fill="green" />
 
  <!-- Horizontal translation -->
  <rect x="5" y="5" width="40" height="40" fill="blue"
        transform="translate(50)" />
 
  <!-- Vertical translation -->
  <rect x="5" y="5" width="40" height="40" fill="red"
        transform="translate(0 50)" />
 
  <!-- Both horizontal and vertical translation -->
  <rect x="5" y="5" width="40" height="40" fill="yellow"
         transform="translate(50,50)" />
</svg>

Scale

scale(<x> [<y>]) 変換関数は、 xy による拡大縮小操作を指定します。 y が提供されなかった場合は、 x と同じと見なします。

<svg viewBox="-50 -50 100 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <!-- uniform scale -->
  <circle cx="0" cy="0" r="10" fill="red"
          transform="scale(4)" />
 
  <!-- vertical scale -->
  <circle cx="0" cy="0" r="10" fill="yellow"
          transform="scale(1,4)" />
 
  <!-- horizontal scale -->
  <circle cx="0" cy="0" r="10" fill="pink"
          transform="scale(4,1)" />
 
  <!-- No scale -->
  <circle cx="0" cy="0" r="10" fill="black" />
</svg>

Rotate

rotate(<a> [<x> <y>]) 変換関数は、指定された点を軸に a 度の回転を指定します。オプションの引数 xy が提供されなかった場合、回転は現在のユーザーの座標系の原点を基準に行われます。オプションの引数 xy が指定された場合は、回転は (x, y) を基準に行われます。

<svg viewBox="-12 -2 34 14" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect x="0" y="0" width="10" height="10" />
 
  <!-- rotation is done around the point 0,0 -->
  <rect x="0" y="0" width="10" height="10" fill="red"
        transform="rotate(100)" />
 
  <!-- rotation is done around the point 10,10 -->
  <rect x="0" y="0" width="10" height="10" fill="green"
        transform="rotate(100,10,10)" />
</svg>

SkewX

skewX(<a>) 変換関数は、 X 軸を基準に a 度の傾斜変換を指定します。

Example

<svg viewBox="-5 -5 10 10" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect x="-3" y="-3" width="6" height="6" />
 
  <rect x="-3" y="-3" width="6" height="6" fill="red"
        transform="skewX(30)" />
</svg>

SkewY

skewY(<a>) 変換関数は、 Y 軸を基準に a 度の傾斜変換を指定します。

<svg viewBox="-5 -5 10 10" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect x="-3" y="-3" width="6" height="6" />
 
  <rect x="-3" y="-3" width="6" height="6" fill="red"
        transform="skewY(30)" />
</svg>

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Transforms Level 2
transform の定義
編集者草案
CSS Transforms Level 1
transform の定義
草案
Scalable Vector Graphics (SVG) 2
transform の定義
勧告候補
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
transform の定義
勧告 初回定義