y

<svg viewBox="0 0 100 300" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <rect y="20"  x="20" width="60" height="60" />
  <rect y="120" x="20" width="60" height="60" />
  <rect y="220" x="20" width="60" height="60" />
</svg>

altGlyph

Warning: SVG2 では <altGlyph> (en-US) は非推奨であるため、使用しないでください。

<altGlyph> (en-US) の場合、 y は代替文字の Y 軸の座標を定義します。

<length> のリスト
既定値 なし
アニメーション

feBlend

<feBlend> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feColorMatrix

<feColorMatrix> の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feComponentTransfer

<feComponentTransfer> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feComposite

<feComposite> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feConvolveMatrix

<feConvolveMatrix> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feDiffuseLighting

<feDiffuseLighting> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feDisplacementMap

<feDisplacementMap> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feDropShadow

<feDropShadow> の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feFlood

<feFlood> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feFuncA

<feFuncA> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feFuncB

<feFuncB> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feFuncG

<feFuncG> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feFuncR

<feFuncR> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feGaussianBlur

<feGaussianBlur> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feImage

<feImage> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feMerge

<feMerge> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feMergeNode

<feMergeNode> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feMorphology

<feMorphology> の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feOffset

<feOffset> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

fePointLight

<fePointLight> (en-US) の場合、 y<filter> (en-US) 要素の primitiveUnits (en-US) 属性で定義される座標系での光源の Y 位置を定義します。

<number>
既定値 0
アニメーション

feSpecularLighting

<feSpecularLighting> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feSpotLight

<feSpotLight> (en-US) の場合、 y<filter> (en-US) 要素の primitiveUnits (en-US) 属性で定義される座標系での光源の Y 位置を定義します。

<number>
既定値 0
アニメーション

feTile

<feTile> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

feTurbulence

<feTurbulence> (en-US) の場合、 y はこのプリミティブの描画領域における最小の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0%
アニメーション

filter

<filter> (en-US) の場合、 y はこのフィルターの描画領域における左上隅の Y 座標をを定義します。

<length> | <percentage>
既定値 -10%
アニメーション

foreignObject

<foreignObject> の場合、 y はこのフィルターの描画領域における左上隅の Y 座標をを定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0
アニメーション

Note: SVG2 からは、y幾何プロパティであり、この属性は <foreignObject> の CSS プロパティとして使用することもできます。

glyphRef

Warning: SVG2 では <glyphRef> (en-US) は非推奨であり、使用すべきではありません。

<glyphRef> (en-US) の場合、 y が文字の Y 軸の座標を定義します。

<number>
既定値 なし
アニメーション

image

<image> の場合、 y はこの画像の左上隅の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0
アニメーション

Note: SVG2 からは、y幾何プロパティであり、この属性は画像用の CSS プロパティとしても使用できます。

mask

<mask> の場合、 y は、その影響する領域の左上隅の Y 座標を定義します。この属性の正確な効果は、 maskUnits (en-US) 属性に影響されます。

<length> | <percentage>
既定値 -10%
アニメーション

pattern

<pattern> の場合、 y はタイルパターンの左上隅の Y 座標を定義します。この属性の正確な効果は、 patternUnits (en-US)patternTransform (en-US) 属性に影響されます。

<length>
既定値 0
アニメーション

rect

<rect> の場合、 y は図形の左上隅の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0
アニメーション

Note: SVG2 からは、y幾何プロパティであり、この属性は矩形の CSS プロパティとして使用することもできる。

svg

<svg> の場合、 y はそのビューポートの左上隅の Y 座標を定義します。

<length> | <percentage>
既定値 0
アニメーション

Note: SVG2 からは、y幾何プロパティであり、この属性は <svg> の CSS プロパティとして使用することもできます。

text

<text> にある値が 1 つの場合、 yコンテンツテキストの位置を配置しなければならない Y 座標を定義します。コンテンツテキストの位置は、通常、テキストの最初の行のベースライン上の点です。正確なコンテンツテキスト位置*は、 text-anchor (en-US)direction など、他のプロパティの影響を受けます。

複数の値がある場合、y はテキストから個々の文字への Y 座標を定義します。値が文字よりも少ない場合、残りの文字は最後に配置された文字と一直線上に配置されます。値が文字よりも多い場合は、余分な値は無視されます。

(<length> | <percentage>) のリスト
既定値 0
アニメーション
<svg viewBox="0 0 200 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <!-- horizontal line to materialized the text base line -->
  <line x1="0" y1="40%" x2="100%" y2="40%" />
  <line x1="0" y1="60%" x2="100%" y2="60%" />
  <line x1="0" y1="80%" x2="100%" y2="80%" />

  <!-- vertical line to materialized the x positioning -->
  <line x1="5%"  y1="0" x2="5%"  y2="100%" />
  <line x1="55%" y1="0" x2="55%" y2="100%" />

  <!-- y with a single value -->
  <text y="40%" x="5%">SVG</text>

  <!-- y with multiple values -->
  <text y="40%,60%,80%" x="55%">SVG</text>
</svg>
text {
  font: 40px sans-serif;
}

line {
  fill: none;
  stroke: red;
  stroke-width: .5px;
  stroke-dasharray: 2px;
}

tref

Warning: SVG2 では <tref> (en-US) は非推奨であり、使用すべきではありません。

<tref> (en-US) にある値が 1 つの場合、 yコンテンツテキストの位置を配置しなければならない Y 座標を定義します。コンテンツテキストの位置は、通常、テキストの最初の行のベースライン上の点です。正確なコンテンツテキスト位置*は、 text-anchor (en-US)direction など、他のプロパティの影響を受けます。

複数の値がある場合、y はテキストから個々の文字への Y 座標を定義します。値が文字よりも少ない場合、残りの文字は最後に配置された文字と一直線上に配置されます。値が文字よりも多い場合は、余分な値は無視されます。

(<length> | <percentage>) のリスト
既定値 0
アニメーション

tspan

<tspan> にある値が 1 つの場合、 yコンテンツテキストの位置を配置しなければならない Y 座標を定義します。コンテンツテキストの位置は、通常、テキストの最初の行のベースライン上の点です。正確なコンテンツテキスト位置*は、 text-anchor (en-US)direction など、他のプロパティの影響を受けます。

複数の値がある場合、y はテキストから個々の文字への Y 座標を定義します。値が文字よりも少ない場合、残りの文字は最後に配置された文字と一直線上に配置されます。値が文字よりも多い場合は、余分な値は無視されます。

List of (<length> | <percentage>)
既定値 なし
アニメーション
<svg viewBox="0 0 200 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <!-- horizontal line to materialized the text base line -->
  <line x1="0" y1="40%" x2="100%" y2="40%" />
  <line x1="0" y1="60%" x2="100%" y2="60%" />
  <line x1="0" y1="80%" x2="100%" y2="80%" />

  <!-- vertical line to materialized the x positioning -->
  <line x1="5%"  y1="0" x2="5%"  y2="100%" />
  <line x1="55%" y1="0" x2="55%" y2="100%" />

  <text>
    <!-- y with a single value -->
    <tspan y="40%" x="5%">SVG</tspan>

    <!-- y with multiple values -->
    <tspan y="40%,60%,80%" x="55%">SVG</tspan>
  </text>
</svg>
text {
  font: 40px sans-serif;
}

line {
  fill: none;
  stroke: red;
  stroke-width: .5px;
  stroke-dasharray: 2px;
}

use

<use> の場合, y は参照される要素の左上隅の Y 座標を定義します.

<length> | <percentage>
既定値 0
アニメーション

Note: SVG2 からは、y幾何プロパティであり、この属性は使用される要素の CSS プロパティとしても使用できます。

仕様書

Specification
Filter Effects Module Level 2
# element-attrdef-filter-y
Filter Effects Module Level 2
# element-attrdef-fespotlight-y
Filter Effects Module Level 2
# element-attrdef-fepointlight-y
Filter Effects Module Level 2
# element-attrdef-filter-primitive-y
CSS Masking Module Level 1
# element-attrdef-mask-y
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
# Y
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
# PatternElementYAttribute
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
# TextElementYAttribute