animateMotion

SVG の <animateMotion> 要素は、ある要素がモーションパスに沿って移動する方法を定義します。

注: 既存のパスを再利用するには、 <animateMotion> 要素内の <mpath> 要素を path 属性の代わりに使用する必要があります。

<svg viewBox="0 0 200 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
  <path fill="none" stroke="lightgrey"
    d="M20,50 C20,-50 180,150 180,50 C180-50 20,150 20,50 z" />

  <circle r="5" fill="red">
    <animateMotion dur="10s" repeatCount="indefinite"
      path="M20,50 C20,-50 180,150 180,50 C180-50 20,150 20,50 z" />
  </circle>
</svg>

使用場面

カテゴリーアニメーション要素
許可された内容任意の数、任意の順で以下の要素を配置可能:
説明的要素
<mpath>

属性

keyPoints
この属性は [0,1] の範囲で、それぞれの keyTimes に関連付けられた値に対して、パスに沿ってオブジェクトがどのくらいの距離にあるかを示します。
値の型<number>*; Default value: none; Animatable: no
path
この属性は、 d 属性と同じ構文を使用して、モーションパスを定義します。
値の型<string>; Default value: none; Animatable: no
rotate
この属性は、パスに沿ってアニメーションされた要素に適用される回転を定義します。
値の型<number>|auto|auto-reverse; Default value: 0; Animatable: no

注: <animateMotion> においては、 calcMode 属性の既定値は paced です。

アニメーション属性

グローバル属性

使用上の注意

この要素は SVGAnimateMotionElement インターフェイスを実装しています。

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報