WebAssembly.Memory.prototype.buffer

bufferWebAssembly.Memory オブジェクトのプロトタイププロパティで、メモリーに含まれるバッファーを返します。

buffer の使用

次の例 (GitHub 上の memory.html および動作例も参照) では、 memory.wasm バイトコードを WebAssembly.instantiateStreaming() メソッドを使用して読み込みんでインスタンス化し、その上の行で生成されたメモリーにインポートします。それから、メモリーにいくつかの値を格納し、関数をエクスポートして使用し、いくつかの値を合計します。

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('memory.wasm'), { js: { mem: memory } })
.then(obj => {
  var i32 = new Uint32Array(memory.buffer);
  for (var i = 0; i < 10; i++) {
    i32[i] = i;
  }
  var sum = obj.instance.exports.accumulate(0, 10);
  console.log(sum);
});

仕様書

Specification
WebAssembly JavaScript Interface: Exception Handling
# dom-memory-buffer

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報