Intl.DateTimeFormat.supportedLocalesOf()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

ランタイムのデフォルトローケルに戻る必要なしでフォーマットしている日時でサポートしている提供されているローケルを含んでいる配列を返します。

構文

Intl.DateTimeFormat.supportedLocalesOf(locales[, options])

引数

locales
BCP47言語タグの文字列、そのような文字列の配列。 locales引数の一般的な形式に対して、Intl pageを確かめて下さい。
options

オプション。次のプロパティを持つオブジェクト:

localeMatcher
使っているローケルマッチングアルゴリズム。利用可能な値は"lookup""best fit"。デフォルトでは "best fit"。このオプションについての情報のために、Intl pageを確かめて下さい。

説明

localesで提供されている言語タグのサブセットを持つ配列を返します。返される言語タグは、ランタイムがローケルマッチングアルゴリズムを使って考慮してフォーマットしている日時でのローケルをサポートしていてるので、デフォルトローケルに戻る必要はありません。

例: supportedLocalesOfを使う

日時のフォーマットで、バリ語ではなく、インドネシア語とドイツ語をサポートしているランタイムを仮定すると、supportedLocalesOfはインドネシア語とドイツ語の言語タグを返します。ピンインは日時のフォーマットには適切ではなくインドネシア語では使われません。インドネシアの特定のドイツ語はサポートされそうにもありません。 "lookup"アルゴリズムの指定に注意して下さい。"best fit"はインドネシア語はバリ語に対して、十分にふさわしいと決定するかもしれません。というのも、 ほとんどのバリの人はインドネシア語も理解するからです。それゆえバリ言語タグも同様に返します。

var locales = ['ban', 'id-u-co-pinyin', 'de-ID'];
var options = { localeMatcher: 'lookup' };
console.log(Intl.DateTimeFormat.supportedLocalesOf(locales, options).join(', '));
// → "id-u-co-pinyin, de-ID"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript Internationalization API 1.0 (ECMA-402)
The definition of 'Intl.DateTimeFormat.supportedLocalesOf' in that specification.
Standard Initial definition.

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 24 29 (29) 11 15 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 26 未サポート
バグ 864843
未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: shide55,