MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

Intl.DateTimeFormat.prototype.resolvedOptions()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

ローケルを反映しているプロパティと、このDateTimeFormatオブジェクトの初期化中に計算されたオプションをフォーマットしている日時をもった新しいオブジェクトを返します。

構文

dateTimeFormat.resolvedOptions()

説明

ローケルを反映しているプロパティと、このDateTimeFormatオブジェクトの初期化中に計算されたオプションをフォーマットしている日時をもった新しいオブジェクトを返します。オブジェクトは次のプロパティを持っています。:

locale
実際に使われているローケルに対するBCP47言語タグ。入力のBCP47言語タグではUnicode表現値はリクエストされ、このローケルに対して、リクエストされサポートされているキー/バリューペアはlocaleに含まれています。
calendar
numberingSystem
Unicode表現キー"ca""nu"を用いてリクエストされデフォルト値として使われている値
timeZone
options引数でこのプロパティに対して提供されている値。提供されない場合、undefined (ランタイムのデフォルトタイムゾーンを表します。). 警告: アプリケーションは返されたundefined を当てにすべきではありません。将来のバージョンでは、代わりにランタイムのデフォルトタイムゾーンを示すStringを返すかもしれません。
hour12
options引数でこのプロパティに対して提供されデフォルト値として使われている値。
weekday
era
year
month
day
hour
minute
second
timeZoneName
options引数で対応しているプロパティと利用可能な組み合わせと選択したローケルでの日時に対する表現間でマッチしているフォーマットから結果を得ている値。

resolvedOptions メソッドを使う

var germanFakeRegion = new Intl.DateTimeFormat("de-XX", { timeZone: "UTC" });
var usedOptions = germanFakeRegion.resolvedOptions();

usedOptions.locale;         // "de"
usedOptions.calendar;       // "gregory"
usedOption.numberingSystem; // "latn"
usedOptions.timeZone;       // "UTC"
usedOptions.month;          // "numeric"

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript Internationalization API 1.0 (ECMA-402)
Intl.DateTimeFormat.prototype.resolvedOptions の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 24 29 (29) 11 15 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 26 未サポート
バグ 864843
未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Motoshi-Nishihira, shide55
 最終更新者: Motoshi-Nishihira,