AggregateError() コンストラクター

AggregateError() コンストラクターは、単一のエラーにラップする必要があるいくつかのエラーに対してエラーを作成します。

構文

new AggregateError(errors)
new AggregateError(errors, message)

引数

errors

エラーの反復可能オブジェクトであり、実際には Error インスタンスではない場合があります。

message省略可

オプションで、統合エラーの人間可読な説明です。

AggregateError の作成

try {
  throw new AggregateError([
    new Error("some error"),
  ], 'Hello');
} catch (e) {
  console.log(e instanceof AggregateError); // true
  console.log(e.message);                   // "Hello"
  console.log(e.name);                      // "AggregateError"
  console.log(e.errors);                    // [ Error: "some error" ]
}

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-aggregate-error-constructor

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報