AggregateError() constructor

AggregateError() コンストラクタは、単一のエラーにラップする必要があるいくつかのエラーに対してエラーを作成します。

構文

new AggregateError(errors[, message])

errors
エラーの反復可能であり、実際には Error インスタンスではない場合があります。
messageOptional
集計エラーのオプションのヒューマンリーダブルの説明。

AggregateError の作成

try {
  throw new AggregateError([
    new Error("some error"),
  ], 'Hello');
} catch (e) {
  console.log(e instanceof AggregateError); // true
  console.log(e.message);                   // "Hello"
  console.log(e.name);                      // "AggregateError"
  console.log(e.errors);                    // [ Error: "some error" ]
}

仕様

仕様
Promise.any
AggregateError() の定義

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
AggregateError() constructorChrome 完全対応 85Edge 未対応 なしFirefox 完全対応 79IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 完全対応 14WebView Android 完全対応 85Chrome Android 完全対応 85Firefox Android 未対応 なしOpera Android 未対応 なしSafari iOS 完全対応 14Samsung Internet Android 未対応 なしnodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連項目