これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Window.URL プロパティは、オブジェクト URL の作成や操作に用いる静的なメソッドを提供します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

静的なメソッドの呼び出し:

img.src = URL.createObjectURL(blob);

新しいオブジェクトの構築:

var url = new URL("../cats/", "https://www.example.com/dogs/");

仕様

仕様 ステータス コメント
URL
URL の定義
現行の標準 初期定義。

ブラウザー実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 8.0[2] 4.0 (2.0)[1]
19.0 (19.0)
10.0 15.0[2] 6.0[2]
7.0
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有)[2] 14.0 (14.0)[1]
19.0 (19.0)
(有) 15.0[2] 6.0[2]

[1] Gecko 2 (Firefox 4) から Gecko 18 まで、Gecko は非標準の nsIDOMMozURLProperty 内部型を返していました。 実際には、何の違いもありません。

[2] 非標準の webkitURL という名前で実装されています。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama, fscholz, khalid32, ethertank
最終更新者: YuichiNukiyama,