URL.origin

URL インターフェイスの origin 読み取り専用プロパティは、表現された URL のオリジンの Unicode シリアル化を含む USVString を返します。 正確な構造は、次のように URL のタイプによって異なります。

  • http または https の URL の場合、スキームの後に '://'、ドメイン、':'、ポートが順に続きます。 (ポート部分は、明示的に指定されていて、それがデフォルトポートでない場合に存在します。 それぞれのデフォルトポートは、80443 です。)
  • file: URL の場合、値はブラウザーに依存します。
  • blob: URL の場合、blob: に続く URL のオリジンが使用されます。 例えば、"blob:https://mozilla.org""https://mozilla.org" として返されます。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

string = URLObject.origin;

USVString

var url = new URL("blob:https://mozilla.org:443/")
url.origin; // 'https://mozilla.org' を返します

仕様

仕様 状態 コメント
URL
URL.origin の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • URL インターフェイスに属します。