MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/a3e7b5301fea

URL.origin

URL.origin 読み取り専用プロパティは、URL に表されたオリジンのユニコードシリアライゼーションを含む USVString を返します。それは次のようになります:

  • http または https を使用した URL では、スキーマに続けて '://'、さらにドメインに続く ':'(明示的に指定されている場合、それぞれのデフォルトポート、80443)ポートが続きます。
  • file: スキーマを使用した URL では、値はブラウザ依存です。
  • blob: スキーマを使用した URL では、blob: が続く URL のオリジンです。たとえば、"blob:https://mozilla.org""https://mozilla.org" を持ちます。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

string = URLObject.origin;

var result = new URL("blob:https://mozilla.org:443/").origin; // Returns:'https://developer.mozilla.org:443'

仕様

仕様 ステータス コメント
URL
URL.origin の定義
現行の標準 初期定義。

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) 26.0 (26.0) [2][3] 未サポート [1] 未サポート [1] 未サポート [1]
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート [1] 未サポート [1] 26.0 (26.0) [2][3] 未サポート [1] 未サポート [1] 未サポート [1]

[1] 1 つの抽象インタフェースにグループ化されていませんが、このインタフェースがサポートされている場合、このメソッドは実装されているインタフェースで直接使用できます。

[2] Gecko 26 から Gecko 44 まで、このプロパティは URLUtils ミックスインにありました。これは HTMLHyperlinkElementUtils ミックスインかインターフェースでの直接呼出しに移されました。

[3] Gecko 49 以前では、blob スキーマを使用した URL は不正確な値である null を返します。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,