WebSocket: error イベント

error イベントは、 WebSocket の接続がエラーによって閉じられた(例えば一部のデータを送信できなかった)ときに発生します。

構文

イベント名を addEventListener() などのメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

addEventListener('error', event => { })

onerror = event => { }

イベント型

一般的な Event です。

// WebSocket の接続を生成
const socket = new WebSocket('ws://localhost:8080');

// 発生しうるエラーを待ち受けする
socket.addEventListener('error', function (event) {
  console.log('WebSocket error: ', event);
});

仕様書

Specification
WebSockets Standard
# dom-websocket-onerror

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報