WebSocket: close イベント

close イベントは、 WebSocket のコネクションが閉じられたときに発生します。

バブリング なし
キャンセル 不可
インターフェイス Event
イベントハンドラープロパティ onclose

コネクションが閉じられる時が分かれば、 UI を更新させたり、閉じたコネクションについてのデータを保存したりすることができます。以下の例では exampleSocket と呼ばれる変数が開かれた WebSocket を参照しており、このハンドラーが、ソケットが閉じられた場面を扱います。

exampleSocket.addEventListener('close', (event) => {
  console.log('The connection has been closed successfully.');
)};

同じことを、イベントハンドラープロパティを用いて行うこともできます。

exampleSocket.onclose = function (event) {
  console.log('The connection has been closed successfully.');
};

仕様書

仕様書 状態
HTML Living Standard
WebSocket close の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報