WebSocket.send()

WebSocket.send() メソッドは、 WebSocket 接続を介してサーバーに送るために指定されたデータを、格納するために必要なバイト数だけ bufferedAmount の値を増加させながらキューに入れます。もしデータが送信できなかった場合(例えば、バッファリングが必要だが、バッファが一杯であるなどの理由で)、ソケットは自動的に閉じられます。 接続が CONNECTING 状態のときに send() を呼び出すと、ブラウザーは例外を発生させます。接続が CLOSING または CLOSED の状態のときに send() を呼び出すと、ブラウザーはデータを暗黙に破棄します。

構文

WebSocket.send("Hello server!");

引数

data

サーバーに送信するデータです。以下の何れかの型のデータを指定します。

USVString

テキスト文字列。文字列は UTF-8 形式でバッファーに追加され、 bufferedAmount の値は UTF-8 の文字列を表すのに必要とされるバイト数だけ増えます。

ArrayBuffer

型付きの配列オブジェクトで使用される基本的なバイナリーデータを送信することができます。このバイナリーデータのコンテンツは,必要なバイト数だけ bufferedAmount の値を増やして、バッファーのキューに入れられます。

Blob

Blob を指定すると、バイナリーフレームで送信される blob の生データをキューに入れます。bufferedAmount の値は、その生データのバイトサイズだけ増えます。

ArrayBufferView (en-US)

JavaScript の型付き配列オブジェクトをバイナリーフレームとして送信することができます。このバイナリーデータのコンテンツは,必要なバイト数だけ bufferedAmount の値を増やして、バッファのキューに入れられます。

例外

InvalidStateError

WebSocket.readyStateCONNECTING である場合に発生します。

仕様書

Specification
WebSockets Standard
# ref-for-dom-websocket-send①

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser