ServiceWorkerContainer.ready

ServiceWorkerContainer インターフェイスの ready 読み取り専用プロパティは、サービスワーカーがアクティブになるまでコードの実行を遅らせる方法を提供します。 決して拒否しない Promise を返し、現在のページに関連する ServiceWorkerRegistration がアクティブ(active)ワーカーを持つまで無期限に待機します。 その条件が満たされると、ServiceWorkerRegistration で解決されます。

構文

navigator.serviceWorker.ready.then(function(serviceWorkerRegistration) { ... });

決して拒否せず、最終的には ServiceWorkerRegistration で解決される可能性がある Promise

if ('serviceWorker' in navigator) {
  navigator.serviceWorker.ready
  .then(function(registration) {
    console.log('サービスワーカーがアクティブ:', registration.active);

    // この時点で、registration.pushManager.subscribe() などの
    // アクティブなサービスワーカーを必要とするメソッドを呼び出すことができます
  });
} else {
  console.log('サービスワーカーをサポートしていません。');
}

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
ServiceWorkerRegistration.ready の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser