ServiceWorkerContainer.getRegistration()

ServiceWorkerContainer インターフェイスの getRegistration() メソッドは、スコープ URL が指定されたドキュメント URL と一致する ServiceWorkerRegistration オブジェクトを取得します。 このメソッドは、ServiceWorkerRegistration または undefined に解決される Promise を返します。

構文

serviceWorkerContainer.getRegistration(scope).then(function(serviceWorkerRegistration) { ... });

パラメーター

scope Optional
サービスワーカー登録の一意の識別子 — 取得する登録オブジェクトのスコープ URL。 これは通常、相対 URL です。

戻り値

ServiceWorkerRegistration オブジェクトまたは undefined に解決される Promise

navigator.serviceWorker.getRegistration('/app').then(function(registration) {
  if(registration){
    document.querySelector('#status').textContent = 'ServiceWorkerRegistration が見つかりました。';  
  }
});

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
ServiceWorkerContainer: getRegistration の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
getRegistration
実験的
Chrome 完全対応 40Edge 完全対応 17
完全対応 17
完全対応 16
無効
無効 From version 16: this feature is behind the Enable service workers preference.
Firefox 完全対応 44
補足
完全対応 44
補足
補足 Extended Support Releases (ESR) before Firefox 78 ESR do not support service workers and the Push API.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 27Safari 完全対応 11.1WebView Android 完全対応 40Chrome Android 完全対応 40Firefox Android 完全対応 44Opera Android 完全対応 27Safari iOS 完全対応 11.3Samsung Internet Android 完全対応 4.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。