ServiceWorkerContainer.controller

ServiceWorkerContainer インターフェイスの controller 読み取り専用プロパティは、ServiceWorker オブジェクトの状態が activating または activated ならそれ (ServiceWorkerRegistration.active で返されるのと同じオブジェクト) を返します。このプロパティはリクエストが強制リフレッシュ(Shift + リフレッシュ)やアクティブワーカーがない場合は null を返します。

構文

var myController = navigator.serviceWorker.controller;

ServiceWorker オブジェクト。.

if ('serviceWorker' in navigator) {
  // 1回限りのチェックを行って、サービスワーカーが制御しているかどうかを確認します。
  if (navigator.serviceWorker.controller) {
    console.log(`このページは現在サービスワーカーによって制御されています: ${navigator.serviceWorker.controller}`);
  } else {
    console.log('このページは現在サービスワーカーによって制御されていません。');
  }
} else {
  console.log('サービスワーカーをサポートしていません。');
}

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Service Workers
ServiceWorkerRegistration.controller の定義
草案 初期定義

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
controller
実験的
Chrome 完全対応 40Edge 完全対応 17
完全対応 17
完全対応 16
無効
無効 From version 16: this feature is behind the Enable service workers preference.
Firefox 完全対応 44
補足
完全対応 44
補足
補足 Extended Support Releases (ESR) before Firefox 78 ESR do not support service workers and the Push API.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 27Safari 完全対応 11.1WebView Android 完全対応 40Chrome Android 完全対応 40Firefox Android 完全対応 44Opera Android 完全対応 27Safari iOS 完全対応 11.3Samsung Internet Android 完全対応 4.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。