PerformanceObserver.observe()

監視するパフォーマンスエントリタイプのセットを指定するには、PerformanceObserver インターフェイスのobserve() メソッドを使用します。パフォーマンスエントリタイプは DOMString オブジェクトの配列として指定され、それぞれが1つのエントリタイプを命名します。型名はパフォーマンスエントリタイプ名 in PerformanceEntry.entryTypeに記載されています。

一致するパフォーマンスエントリが記録されると、パフォーマンスオブザーバーのコールバック関数 (PerformanceObserver) の作成時に設定されたコールバック関数が呼び出されます。

構文

observer.observe(options);

パラメータ

options
1つのメンバを持つ PerformanceObserverInit ディクショナリ
  • "entryTypes" は DOMString オブジェクトの配列で、それぞれが監視対象のパフォーマンスエントリの種類を1つ指定します。有効な型名のリストについては PerformanceEntry.entryType を参照してください。認識されない型は無視されますが、ブラウザは開発者がコードをデバッグするのに役立つ警告メッセージをコンソールに出力するかもしれません。有効な型が見つからない場合、observe() は効果がありません。

この例では、2つの PerformanceObservers を作成して設定します。1つは"mark""frame" イベントを監視し、もう1つは "measure" イベントを監視します。

var observer = new PerformanceObserver(function(list, obj) {
  var entries = list.getEntries();
  for (var i=0; i < entries.length; i++) {
    // Process "mark" and "frame" events
  }
});
observer.observe({entryTypes: ["mark", "frame"]});

function perf_observer(list, observer) {
  // Process the "measure" event 
}
var observer2 = new PerformanceObserver(perf_observer);
observer2.observe({entryTypes: ["measure"]});

仕様

仕様書 ステータス コメント
Performance Timeline Level 2
observe() の定義
勧告候補 observe() メソッドの初期定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
observeChrome 完全対応 52Edge ? Firefox 完全対応 57IE 未対応 なしOpera 完全対応 39Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 52Chrome Android 完全対応 52Edge Mobile ? Firefox Android 完全対応 57Opera Android 完全対応 41Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,