browsingData.removeCache()

ブラウザのキャッシュを消去します。

この関数はbrowsingData.RemovalOptions (en-US) オブジェクトを引数に取りますが無視されます。そのためこの関数を使うとすべてのキャッシュが消去されるため注意してください。

この関数は Promise を返す非同期関数です。

構文

js
var removing = browser.browsingData.removeCache(
  removalOptions, // RemovalOptions オブジェクト
);

引数

removalOptions 省略可

browsingData.RemovalOptions (en-US) オブジェクト このパラメータは無視されます。

返り値

消去が完了した後に実行される Promise が返されます。この Promise は引数を持ちません。エラーが発生した場合はエラーメッセージを引数にして reject を呼び出します。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

ブラウザキャッシュを消去します。

js
function onRemoved() {
  console.log("removed");
}

function onError(error) {
  console.error(error);
}

browser.browsingData.removeCache({}).then(onRemoved, onError);

メモ: この API は Chromium の chrome.browsingData API に基づいています。Microsoft Edge の実装状況は Microsoft Corporation から提供されたものであり、ここでは Creative Commons Attribution 3.0 United States License に従っています。