アドオンによってアラームが動作した際に発火します。

構文

browser.alarms.onAlarm.addListener(function(
  alarm      // Alarm
) {...})
browser.alarms.onAlarm.removeListener(listener)
browser.alarms.onAlarm.hasListener(listener)

このイベントには 3 つのメソッドが用意されています。

addListener(callback)
イベントリスナを追加します。
removeListener(listener)
イベントリスナを削除します。引数 listener には削除したいリスナを指定します。
hasListener(listener)
listener がイベントリスナとして登録されているか確認します。登録されていれば true を、それ以外の場合は false を返します。

addListener の構文

引数

callback

このイベントが発火した際に呼び出される関数を指定します。この関数には以下の引数が渡ります。

alarm
発火するアラーム alarms.Alarm が入ります。発火したアラームを判別するには Alarm.name が利用できます。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Opera
基本サポート (有) ? 45.0 (45.0) 33
機能 Edge Firefox OS Firefox Mobile (Gecko)
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート

Example extensions

謝辞

この API は Chromium の chrome.alarms API に基づいています。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: hashedhyphen
最終更新者: hashedhyphen,